生理不順は感情の乱れの原因にも

私が生理不順に陥ったのは、3年ほど前からです。きっかけは、今から考えると、交友関係の不具合からでした。知り合ってから2年くらいになる女友達がいたのですが、とにかく怒りっぽく、他人から聞いた話を真に受けて、何時間も電話で問い詰められたり、怒鳴られたり。
そのたびに、誤解だと説明する日々に、今だかつてないほどのストレスが私に重くのしかかってきました。彼女と出会ってから1年ほどで、生理が2か月に1回になりました。最初は、年齢のせいかな・・・と思い、気にかけていなかったのですが、あるとき気づけば半年近く来ていないことに気付きました。一番に頭に浮かんだのは、妊娠。
こんな歳で妊娠なんて恥ずかしすぎる!!急いで薬局へ妊娠検査薬を買いに走りました。結果は陰性。ホッと胸をなでおろし、ただの生理不順か・・・生理が来ないのは心配な反面ちょっと楽ちんだな。なんて、のんきに考えていました。でもその頃から、子どものちょっとしたワガママや口答えにイライラするようになり、子どもを大きな声でしかりつけることが多くなりました。すぐに、感情的になる自分をコントロールできなくなり、そんな自分に落ち込む毎日でした。
なんとかしたい。と思い、以前通っていた婦人科へ行きました。そこで、ホルモンバランスの乱れを治す薬をもらい、生理も順調に来るようになりました。それにともなって、感情も落ち着いてきたように感じます。今では、ゆったりと子育てできていると自信が持てるようにもなりました。生理不順放っておくとこわいです。

カテゴリー PMS

生理前は情緒が不安定になって耐える日々です

一度も定期的に生理が来たことがないくらいの生理不順の場合、おそらくホルモンバランスが大きく崩れている状態です。すると生理の前後のホルモンの変化も著しく、やはり体調や精神面への影響もとても大きくなりやすい傾向が強いものです。
私自身も生理不順で、ホルモンバランスが乱れがちです。そのせいか生理前は特に情緒面での変化が強く、些細なことで手が付けられないくらいイライラしたり著しく落ち込んだりしてしまいます。
生理前の情緒の変化は、生理が始まるとピタッと治まります。しかし生理が始まるまでは本当にどうにもならなくなってしまい、日常生活を送ることさえ苦しくなってしまうのです。
生理前に情緒不安定になる女性はとても多いそうです。人によって情緒に変化が見られる時期には違いもあるようで、私の場合は生理開始の約2週間前から徐々に不安定になっていき、生理前の1週間は制御できない情緒の変動にひたすら耐えている状態です。
生理前の情緒不安定は、ホルモンバランスを整えることで抑えられると言われています。その為セントジョーンズワートのサプリメントを試してみたこともありますが、あまり劇的な変化は感じられませんでした。運動すると少し楽になるとも言われていますが、ただでさえ情緒不安定な状態では運動をする気力も持てず、もやもやした気持ちのまま時が過ぎるのを待ち、生理が始まったらすっきりする日々の繰り返しです。

カテゴリー PMS